fc2ブログ
2012年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2012.01.21 (Sat)

彼女は彼女?

 ライム=フロートです。
 管理人を取り巻く環境が変わりつつあるようですね。

 シェリングの部屋の改装は相変わらず進んでいません。
 元となる文章は存在するのですが、手を付けていない状態です。
 寒さで指が動かないのでは仕方がないのでしょうか?
 それとも、管理人の精神状態が悪いから…

 そんな管理人に追い打ちをかける出来事が起こりました。
 詳しい事は言うなと言われましたが、それを聞いた彼女は驚きと同時に喪失感に襲われたそうです。
 当たり前の日常が崩れて行く…それはとても辛い事。
 わたしも経験していますから管理人が辛いのはよく解ります。

 けれど、それでも人は生きて行かなければならないのでしょう。
 元いた世界では忌み嫌われ、力の制御法を身に着ける為という理由を付けられてここに送られたシェリングの様に。
 シェリングは最初、力を暴走させてばかりで多くの人に迷惑をかけました。
 その度に管理人が謝っていたのです。
 けれど、シェリングの暴走は止まらず…仕方なく、フィリが彼女の教育係になったといった所ですね。
 それからは平和な日常が続いていたのですが、それはシェリングが元いた世界に帰る事を意味しています。
 耐え切れなくなったわたしは管理人に無理を言ってシェリングが元いた世界の統治者を説得して貰いました。
 もう、辛い別れは嫌ですから…

 今いるシェリングはさぽているとしての彼女とは別の存在だそうです。
 つまり、シェリングであってシェリングでないという事でしょうか?
 わたしは別に構いませんが…シェリングがいるのならどういう形でも…

 リッフィーやチェリアは戸惑っています。
 ルルクはあから様に嫌悪感を示していると聞きました。
 フィリは相変わらずだそうです。
 管理人は…どうでしょうか?

 わたし達にとってシェリングの存在が大きいのは確かだと思います。
 だから、管理人もシェリングが元いた世界の統治者を説得したのでしょう。
 それはとても危険な行為…そうしてまでも守りたかったのでしょうね。

 今はさぽているとしてのシェリングと紡いだ思い出を整理しつつ、新たなシェリングを迎える準備をしなければなりません。
 時間がかかってもそれはやり遂げなければならない事でしょう。

 今日はこの曲にしますね。



 昨日の曲とは違い、少し勇ましい感じがします。
スポンサーサイト



18:38  |  さぽている  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |