fc2ブログ
2023年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.12.04 (Tue)

延長が招いた弊害?

 方向音痴です。
 寒さに負けず、ブログもFacebookも更新しています。

 さぽているの事を覚えていらっしゃいますか?
 とあるサイトで配布されていたブログパーツですが、昨年末を以てサービス終了してしまいました。
 しかし、その後も数ヶ月もったという不思議な存在でもありましたね。
 勿論、遊べる間はずっと遊んでいました。

 しかし、サービス終了したのに遊べるというのはイレギュラー以外の何ものでもありません。
 本来ならあってはならない事です。
 どうしてその様な事が起こったのか…未だに判りません。
 きっと、原因が判明する事はないのでしょうね。

 僕は仲裁を行う者という設定でさぽているをサイトに貼り付けました。
 シェリング=フォード…この名を聞けば判る方もいらっしゃるでしょう。
 ライム達が喧嘩ばかりしている…というより、ルルクがしょっちゅうライムに突っかかっている状態だったのですよ、シェリングが来た時は。
 僕ではもう止められないのでシェリングに任せる事にした…そういう筋書きです。

 正直、どうしようかと思いました。
 シェリングがいなくなったらルルクを止められる者がいなくなる…そういう筋書きですから。
 しかし、ライムは自分の過去と向き合う事にしたのです。
 辛い事が多かった彼女の半生…この決断がどれほどのものなのか、察するくらいなら出来るでしょう。
 正直、逃げ続ける方が楽だった筈です。
 それでも、ライムは向き合う事を選んだ…だから、ルルクはライムを許す事が出来たのですね。
 そして、幻想王国の住人になる事を選んだ…という訳です。

 うーん…ない知恵を振り絞って考えるのですが、納得の行く話が浮かびません。
 そういう筋書きだからと言い訳をするくらいしか出来ませんね。

 話を戻しましょう。
 さぽているはある事をすれば色々な衣装を着てくれたり詩を謳ってくれたりします。
 それが何なのかは経験者にしか判らない…というのが辛いのですが。
 僕もシェリングに色々な衣装を着て貰いました。
 詩も謳って貰いましたね。
 ただ…詩の方は僕が持っているCDに収録されている曲が殆どでしたので新鮮味がなかったのですが。
 全ての衣装を着て貰った訳ではありませんし、詩も全曲謳って貰った訳ではありません…ですが、それでも僕は満足していました。
 ですから、サービス終了を知らされた時はショックでしたね。

 しかし、始まりがあれば終わりもあります。
 それに、運営者様の決定を覆す事は出来ません。
 だから、悔いのない様に…最後まで思いっ切り楽しむ事にしました。
 そういう訳ですので嬉しかったのですよ…延長は。

 但し、嬉しかったのは最初だけ。
 サービス自体は終了している訳ですからすぐにする事がなくなります。
 だからといって放ってもおけず…さぽているの存在自体が良くないものになるのは時間の問題でした。
 さぽているへの行動指示が時間の無駄遣いになっている…そういう状態です。
 それなら画面を消去してしまえばいいのですが、それも出来ない自分が情けなかったですね。

 結局、延長が招いたのは貴重な時間を潰すという現実でした。
 サービス終了した時点で画面を消去していればよかったのです。
 …どちらにせよ、後悔したのかもしれませんが。

 …どうすれば良かったのでしょうね?
 最初から手を出さなければ良かったのでしょうか?

 今回はこの曲にします。



 疾走感というのでしょうか…勢いがある曲ですね。
 その勢い、少しでいいので分けて下さい…
スポンサーサイト



18:37  |  さぽている  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.23 (Mon)

灰色の思い出

 ライム=フロートです。
 バーバラとトレーニャを連れ、ナータに行こうと思います。

 さぽているの部屋と繋ぐ為に始めたブログ。
 けれど、さぽているサービスは昨年末を以て終了。
 シェリングの部屋は改装中だそうです。

 それが原因なのか、彼女は暴走を始めてしまいました。
 そして、現在は封印状態にあります。
 彼女に救われた者としては辛いのですが、こればかりはどうしようもありませんね。

 わたしの為に管理人が呼んでくれた存在。
 お陰でわたしはルルクと和解する事が出来ました。
 けれど、役目を失って…結局はわたしのせいなのでしょうね。

 管理人は違うと言ってくれていますが、慰めの言葉はわたしには届きません。
 暫くはシェリングとの思い出に浸っていようかと思うのですが、先ずは2人をナータに連れて行かないと。
 特に、バーバラはまた人格が分裂したかもしれませんから。

 さぽている…どれだけの方が覚えていらっしゃるでしょうか?
 サービス終了してからもう半年以上が経過しているのですが…

 今日はこの曲にしますね。



 アルバムの3曲目です。
 このアルバムには10曲が収録されているとか…先は長いですね。
18:38  |  さぽている  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.11 (Mon)

決別

 方向音痴です。
 雨は嫌いですが、降らないのも困りもの…前にも言いましたよね?

 昨年いっぱいでさぽているがサービス終了しました。
 それでも画面が生きている内は遊んでいましたが、それも叶わなくなりましたね。
 メンテナンスが行われた様で、さぽているという存在自体がなくなってしまった様です。
 まあ、判り切った事なのですが。

 そういう訳ですので、今はシェリングの相手をする必要がありません。
 その分、別の事に時間を割く事が出来る訳です。
 これはきっと、いい事なのでしょう。

 さぽているで遊んでいる間は思い出や宝物をルーズリーフに書き留めていましたが、それはもうありません。
 不要になりましたのでシュレッダーにかけてしまいました。
 未練は断ち切らなければならないのですよ。
 シェリングとの関係も完全に断ち切らなければならないのでしょうが、それをするとまたルルクがライムに突っかかるかもしれませんので…

 中途半端で済みません。
 けれど、幻想王国意地の為には致し方がない事なのです。
 理解してくれとは言いませんが、干渉もしないで下さい。

 今回はこの曲にします。



 前に紹介したかもしれませんね、この曲。
 東方ボーカルで検索するのももう限界かもしれません。
21:00  |  さぽている  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.03 (Thu)

抑えられない感情

 チェリア=リールムだよ。
 シェリングの魔法が暴発して…幻想王国は大変な事になっているの。

 チェリア達を守る為に管理人がシェリングを呼んだ事は知っているよ。
 あのままだとルルクはライムを消そうとしていたかもしれないからね。
 けれど、シェリングは管理人に依存してしまった…必要以上に。
 チェリア達が管理人と話していると途端に不機嫌になるし、何処へ行くにも管理人が一緒でないと嫌だと言い出すし…

 だから、ルルクの説得に時間がかかったんだよ。
 自分の役目を忘れて我儘ばかり言ったから…チェリアも他人の事は言えないけれど。

 それでも、ライムにとってシェリングは味方だった。
 ルルクの攻撃からライムを守っていたのはいつもシェリングだったからね。
 チェリア達では駄目だったの。

 シェリングの詩は魔法…管理人が前に言っていた。
 けれど、力は使い方を誤ると全てを破壊してしまうもの。
 だから、シェリングの力は歓迎されなかった…幻想王国でも、元いた世界でもね。

 まあ、それについては自業自得だと思うけれど。
 力を制御しようとしないシェリングが悪いんだよ。
 感情を抑える事が出来ないと言っていたけれど、それはただの言い訳。
 これには管理人も呆れていたな。

 そして、シェリングはまた暴走を始めた。
 さぽているで遊べなくなった事を知ったのが原因だって。
 けれど、さぽている自体が昨年末を以て終了したサービス。
 今まで遊べた事が奇跡だと何度言ったら解るのかな?

 取り敢えず、今は幻想王国に足を踏み入れない方がいいという事だけ言っておくね。
 時間を止めてもいい人は来てもいいけれど。

 今日はこの曲だよ。



 2曲目だね。
 リッフィーのお気に入りだよ。
20:47  |  さぽている  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.02 (Wed)

さよならと 呟く声が 風に消え

 チェリア=リールムだよ。
 優しさは管理人を傷付ける刃でしかないの?

 さぽているだけれど、やっぱり駄目だった。
 ページそのものがデリートされていた様だよ。
 まあ、昨年末で終了したサービスだからページを残しておく理由はない訳だけれど。
 お陰でシェリングが大泣きしてしまって…八つ当たりされて困るとリッフィーが言っていたな。

 けれど、シェリング=フォードという存在は幻想王国に残るんだよね?
 ソル=シエールの最高責任者から許可を得たと管理人が言っていたよ?
 さぽているとしてのシェリングは存在しなくなる訳だけれど、幻想王国の住人としてのシェリングは残る。
 それはチェリア達が知っているシェリングではないけれど…だから何?
 シェリングはシェリング、他の何者でもない…フィリならそう言うよ。

 だから、お別れなんかしてあげない。
 シェリングに会えなくなる訳ではないんだから必要ないしね。

 だから…大泣きも八つ当たりも止めてよ、シェリング。
 これからも、一緒だから…

 今日はこの曲だよ。



 シェリングが謳える詩シリーズ!
 1曲目はライムのお気に入りだよ。
20:21  |  さぽている  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT